HOME製品情報感染制御関連>ベッドパンウォッシャー

病棟汚物洗浄処理室のソリューションにお答えするニチオン『ソイルドユーティリティシステム』


病院機能評価の流れと共に病棟汚物処理の求められる機能も進化しています。
「汚物処理室」の設計は、
※ISO-15883-3、病棟機能評価、拡大感染予防策、労働安全衛生、コスト削減に準拠した機能が求められております。
医療従事者、患者様を保護する安全基準、感染制御の整備が進められる中、新病棟、改築などの汚物処理室設計は処理手順に沿った安全な消毒システムを導入することが大切です。



病棟内で洗浄、消毒を行いたい器具を、洗浄、消毒、再生の手順に沿って安全で効率よく、かつ経済的に処理できるシステムを提案する。




●※ISO-15883-3に準拠した、もっとも効率的で安全、経済的な熱消毒によって処理する。
(消毒薬は一切使用しません)

●操作性、作業性、安全性、経済性はもちろんのこと、拡大予防策を念頭に置いた設計を提案する。

●作業者が汚物、感染器材に可能な限り接触しなくてもよいシステムを提案する。



●自動汚物容器洗浄消毒器
 (
フラッシャディスインゲクタ、ベットパンウォッシャ
●システムシンク
 (特注ステンレス製 SAS304)
 (清掃が行いやすく、容器の収納が安全で清潔に保管できる)
●汚物流し(特注ステンレス製 SAS304)
 (跳ね返りを」最小限に設計しております)
●小型超音波洗浄機
 (シンクビルトインタイプ)
●小型ウォッシャディスインフェクタ
●乾燥庫
●恒温槽


  ベッドパンウォッシャー(AF2-60PEG)
病棟汚染洗浄処理室に設置された革新のシステム”ソイルドユーティリティシステム”とは・・・